飛行機

ホテル選びに迷っているならディズニーランドがベスト

幻のビーチがある島

レディ

死ぬまでに行きたいビーチ

与論島は奄美群島の中で一番南に位置する美しい島です。島の周囲はサンゴ礁で囲まれていて、サンゴの島です。60にのぼる美しい砂浜のあるビーチが島にはあり、そのほとんどがプライベートビーチのようです。最もおすすめのビーチは与論島ツアーのなかには必ずと言って組み込まれている百合が浜です。干潮時に現れる幻のビーチで、死ぬまでには一度は行きたい与論島の絶景ポイントです。与論島のツアーのモデルコースは、なんといっても真っ白なビーチですが、移動のおすすめは自転車での周遊です。南風を感じながら、のんびり島を回ってください。与論島の名物といえば、もずくそばです。海藻の王様といわれるもずくを、小麦粉で練りこんだもので、冷たくても、温かくてもおいしく召し上がれます。海の栄養分を豊富に含んでいます。もちろんダイビングなどを楽しむツアーも多数ありますが、猛毒の貝には要注意です。一見きれいな貝も毒をもっているものもあります。アンボイナガイなどもそのひとつです。ツアーに参加する際は十分注意して下さい。与論島の周囲の海域は魚影が濃く、ウミガメや大型回遊魚に出会える確率が高く、地形も変化にとんでいてダイビングが楽しめます。水の透明度も高く、ダイビングのメッカとなっています。与論島は沖縄の一つの島と勘違いしている人も多いようですが、実は鹿児島県です。そのため文化は奄美諸島の特徴を感じることができ、お酒の文化も沖縄の泡盛ではなく、黒糖焼酎が主になっています。